メタボリックシンドローム予防・対策ガイド TOP ≫ メタボリックシンドロームとは 症状

症状

メタボリックシンドロームでは肥満がもとで高脂血症や糖尿病、高血圧などによって脈硬化や脳卒中などを引き起こす可能性があるにも関わらず、メタボリックシンドロームそのものは病気ではないので、特徴的な症状はありません。大まかに腹部肥満(男性型肥満)だけを指すことも多いですが、厳密に言うとそれは正しくありません。具体的には、男性のウエストが85cm以上になり、女性のウエストなら90cm以上になっている場合に、メタボリックシンドロームが疑われます。更に高血糖・高血圧・高脂血症の三つからどれか二つ以上が併発していると、メタボリックシンドロームであることは確定的とされています。

メタボリックシンドロームが高リスクの症状として認識される理由は、このメタボリックシンドロームが原因で様々な生活習慣病が引き起こされることにあります。高脂血症や糖尿病など、それだけでも高リスクを伴う生活習慣病であるというのに、メタボリックシンドロームによって二つ以上の生活習慣病が併発し、相乗作用で危険性が増していくのです。ただ単に肥満を気にするよりも、こういった生活習慣病が併発する症状であると知っておけば、危機意識も高まるかと思われます。

メタボリックシンドロームの危険性は、肥満そのものよりも、メタボリックシンドロームによって引き起こされる生活習慣病などの症状にあります。メタボリックシンドロームの予防・改善に努めることによって、結果的に生活習慣病の症状を抑えることにも繋がる場合があります。

メタボリックシンドロームとは


ナースシューズ メンズ
ナースシューズのメンズなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

ルリッド
ルリッドなら医療関係者向けの製品情報サイトで!