メタボリックシンドローム予防・対策ガイド TOP ≫ メタボリックシンドロームとは 原因

原因

メタボリックシンドロームの大元となる原因は、内臓脂肪です。これは臓器の周りにたまる脂肪のことで、皮下脂肪とは違って減りやすいものなのです。それにも関わらず脂肪を溜めてしまう原因としては、運動不足やカロリーの過剰摂取、不規則な食生活などが考えられます。最近になって特にメタボリックシンドロームに陥る方が増えてきたのは、生活環境・生活習慣が大きく変化したためであると言われています。また、日本人の食生活の欧米化が進んでいることも原因として挙げられています。

メタボリックシンドロームの原因になる食生活に関しては、「脂質(コレステロール)」の摂取機会が増えたことが理由として挙げられています。脂質の代謝が異常化してしまうと高脂血症になってしまい、これがメタボリックシンドロームに直接関わってくるのです。脂質の多い食品は、肉類(特に脂身の部分)を初めとし、クリーム類やマーガリン・バターなどの調味料です。これらを良く使うジャンクフードなどはコレステロールが高く、メタボリックシンドロームの原因となることが多いです。特にファーストフード店のハンバーガーなどは、安価な油を大量に使ったコレステロールの塊と揶揄されることもあるほどで、こればかりを食べているとメタボリックシンドロームにかかる可能性が高くなります。おいしいのは確かなのですが、出来ればほどほどにしておいたほうが良いでしょう。

メタボリックシンドロームになってしまう原因は、不規則な食生活と運動不足などの生活習慣によるものです。規則正しい日常を過ごすことが、メタボリックシンドローム予防の第一歩となります。

メタボリックシンドロームとは


リルテック
リルテックなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

不用品回収 千葉 成田 茨城
http://www.eco-harmony.co.jp/