ビタミン

ビタミンは皮膚や粘膜の保護、体の各機能を調節する働きがあります。ビタミンAやビタミンC、カルシウム、鉄を含んでいて必要不可欠な栄養素の1つと言えるでしょう。ほとんどのビタミンは体内で生成・合成することが不可能であるため、食事などで外部から体内に取り入れるしかありません。ビタミンは欠乏してしまうと、身体の抵抗力が落ちて疫病にかかりやすくなったり、成長が阻害されたりするので、不足しないように注意が必要です。

ビタミンには脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンの二種類があり、簡単に言うと脂溶性ビタミンは脂に溶けやすいビタミンで、水溶性ビタミンは水に溶けやすいビタミンです。脂溶性ビタミンは体内に残りやすいため、必要以上に摂取すると過剰症を引き起こしてしまうことになります。水溶性ビタミンは過剰摂取しても尿などと共に体外へ出て行くため、ほとんどの場合は過剰症の心配はありません。水溶性ビタミンはビタミンB群とビタミンC。脂溶性ビタミンはビタミンA・D・E・Kとなっています。

*ビタミンが多く含まれている食品
にんじん、ほうれん草、かぼちゃなど。また、小松菜はビタミン補給の食材として非常に優秀です。他にも鶏のレバーなどはビタミンAを豊富に含んでいます。結果的にビタミンAと同じ働きをするカロチンは、モロヘイヤやパセリなどに多く含まれているので、こちらを摂取するのも良いでしょう。また、ビタミンDは魚類、ビタミンEはアーモンドなどに含まれています。ちなみにモロヘイヤはこれらのビタミンを多く内包しているため、一度に摂取したい場合は便利な食品です。ビタミンを多く含む食品の1日摂取量の目安は、およそ5品目前後です。

6つの栄養素