メタボリックシンドローム予防・対策ガイド TOP ≫ 食生活でメタボリックを改善 夜食をしない

夜食をしない

メタボリックシンドロームを予防・改善するために、夜食をしないことはとても大切なことです。ダイエットなどでも同じことが言えますが、夜間はエネルギー代謝がとても悪いため、一応消化はされるもののある程度は体内に溜ってしまうのです。また一日3食を決まった時間にとることもとても大切になってきます。24時以降は出来る限り何も食べないほうが良いでしょう。特に就寝前の2時間から3時間の間は、食事をしないほうが無難です。睡眠中は代謝能力が低下しているため、寝ている間に消化されたものはエネルギーに変わらず溜まっていくことになるからです。

メタボリックシンドロームを改善するためには夜食に限らず、間食を控える必要があります。しかしながら夜型の方が増えている現状、夜食はあらゆるところで摂られています。友人のペースに付き合って、ついつい自身のガードが緩んでしまうこともあるかもしれません。ですがそこで誘惑に負けては、メタボリックシンドロームのリスクが増してきます。夜食をしないためには、自分自身の危機意識を高めるのが一番効果的です。

しかしそれでも、どうしても夜食を摂らざるを得ない場合もあります。例えば深夜まで仕事などをして起きていなければならず、お腹が空いて仕方がない時は、消化に良いものを摂るようにしましょう。インスタント食品などは手軽に食べられますが、消化が非常に悪いためオススメしません。食べ物ではお茶漬けなど、飲み物ではココアなどがオススメです。就寝前に空腹だと、寝つきが悪くなってストレスが溜まってしまう場合もあります。

食生活でメタボリックを改善