メタボリックシンドローム予防・対策ガイド TOP ≫ 食生活でメタボリックを改善 和食を食べよう

和食を食べよう

和食はカロリーが低くて、栄養素のバランスや動物性食品と植物性食品のバランスがとても良いです。またビタミンやミネラル、食物繊維等もしっかりととれますのでメタボリックシンドローム対策には最適と言えるでしょう。これからのお昼は和食で決まりですね。

メタボリックシンドロームが流行したのは、欧米の食文化が日本に浸透したためであるという背景があります。そもそも昔の日本には、今ほどメタボリックシンドロームが流行っていたわけではないのです。和食は野菜・海草などをよく使うため低カロリーですし、主食・主菜・副菜と多くの品目をフォローすることができるため、一日の摂取目標である食品30品目を達成しやすいのです。欧米人と比べて筋肉量の少ない日本人は、欧米人ほど脂質を必要とはしません。欧米の食文化はバターなどを良く使用するため、脂質が多くなりやすいのです。それに比べて和食は低カロリーをヘルシーなため、日本人には最適な食文化といえます。昔から日本人に和食が親しまれているのには、それなりの理由があるのです。

日本人にとっての和食は、メタボリックシンドロームの予防・改善に最も効果のある食事方法です。メタボリックシンドロームを予防・改善するために食生活を見直すのでしたら、一度和食に立ち返ってみるのはいかがでしょうか。特に最近では、手作り味噌によって作られる味噌汁がメタボリックシンドロームに効果的である、と言われています。味噌汁は具を増やしやすく、一日30品目の達成にも有効なので、是非とも試してみてはいかがでしょうか。

食生活でメタボリックを改善


アピドラ 添付文書
アピドラの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

不用品回収を岐阜
不用品回収を岐阜でならまごころ便利屋スマイルで!

社章作成
http://www.pokers.jp/cb/cb.htm