メタボリックシンドローム予防・対策ガイド TOP ≫ 食生活でメタボリックを改善 ゆっくり食事

ゆっくり食事

ゆっくり食事を摂ることは、とても大切なことです。最近では食べ物をよく噛まずに、思い切ってそのまま飲み込んでいる人が多くなっているようですが、これはあまりよくありません。また人は食事を始めてから約30分後に満腹感がやってきます。早く食べるということはそれがやってくる前に食べ過ぎてしまう原因なのです。満腹以上に摂取してしまうと、当然ながら肥満症に繋がります。時間に押されることの多い現代において、忙しい時は早食いしてしまいがちになるのは否めませんが、メタボリックシンドロームを気にするなら出来るだけ落ち着いて食事を摂るようにしましょう。

早食いの危険性は、満腹以上に食事を摂取してしまうことだけに留まりません。早食いの方法には、よく噛まずに食物を飲み込んでしまうというものもありますが、これが特にいけません。子供の頃、ご飯はよく噛んで食べるように、と教わるのには、行儀云々以上に大きな意味があるのです。よく噛まずに食物を胃腸に送り込むと、胃腸はうまく食物を分解できないため、栄養を体内に行渡らせるのが困難になるのです。更にはこの「噛む」という行為によって、体内の消化酵素や唾液を分泌するため、胃腸が食物を消化するのが容易になるのです。

食事の際は出来るだけ落ち着いた状態で、三十分以上かけてゆっくりと摂るようにしましょう。そしてよく咀嚼するようにすれば、消化も良くなってメタボリックシンドロームの予防・改善に繋がります。

食生活でメタボリックを改善


http://richidad-office.com/richdadofficetoha.html
http://richidad-office.com/richdadofficetoha.html

e-おくすり
e-おくすりなら医療関係者向けの製品情報サイトで!