メタボリックシンドローム予防・対策ガイド TOP ≫ メタボリックを改善しよう! 運動習慣

運動習慣

メタボリックシンドロームの予防には運動が効果的です。時間としては少しでも毎日行うことで効果が高まります。1回に20分ほど、できれば毎食後10分以上の休憩の後に行うのが効果的でしょう。全身を使った有酸素運動でウォーキングなども良いと思われます。メタボリックシンドロームの大元の原因となる肥満症を改善するには、エネルギーを消費して内臓脂肪を燃焼させるのが一番効果的なのです。

運動習慣を改善する意味は、内臓脂肪を燃焼させて肥満症を治すことだけではありません。筋肉はエネルギーを燃焼させる働きを持つものですが、これまで運動していなかった方はこの筋肉が衰えてしまっている傾向にあります。しかし運動習慣を改善することにより、必然的に筋肉量も増えることになり、普段の消費エネルギーもこれに比例して増えることになります。つまり、運動によって脂肪を燃焼させながら筋肉がつくため、肥満症の改善と共に予防が出来るようになるということです。更に筋肉の質が向上すればインシュリン抵抗性を解消して糖尿病を予防できますし、毛細血管が発達して血圧が安定するため高血圧も予防できます。

適度な運動習慣はメタボリックシンドロームを含む様々な生活習慣病の予防・改善に繋がります。恒常的に運動するようにして、メタボリックシンドロームの予防・改善を目指しましょう。激しい運動を禁止されている場合は、主治医などと相談して運動メニューを組むのが理想的です。

メタボリックを改善しよう!


アプロン スクラブ
アプロンのスクラブなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

ホシザキの業務用
http://www.maido-thank.com/