メタボリックシンドローム予防・対策ガイド TOP ≫ メタボリックを改善しよう! お酒は控える

お酒は控える

適度な飲酒はストレス解消にもなりとても効果的でしょう。しかしビールなどはおなかに溜りやすいため、飲み過ぎは禁物です。とはいっても、確かに1gあたりのエネルギーは他と比べてもかなり多いのですが、糖質・脂質よりは体重を増加させる性質のものでもないのです。お酒は控えるというよりは、飲み過ぎに注意してお酒との良い関係を作ることがメタボリックシンドローム予防となるでしょう。

飲酒の仕方で最も危険なのは、空腹時に大量の飲酒をしてしまうことです。空腹で胃が空っぽの時にお酒を流し込んでしまうと、直接そのまま胃から小腸へと吸収され、酔いが速く回ってしまうのです。酔いの回った状態になると判断力も薄れてしまい、我慢できず更に飲みすぎてしまうということにもなりかねません。よく「お酒を飲むときは食べながら」という言葉を耳にしますが、これは正しいことなのです。更に付け加えるなら、お酒はあくまでたしなむ程度の量で、メインはご飯であるべきといえます。お酒を多量に飲みながらの食事は、肥満症の促進のみならず、胃を傷つけることになりかねません。

たしなむ程度のお酒ならストレス解消にもなりますし、むしろ効果的だといえます。ですがだからといって、油断して暴飲しないように注意が必要です。特にお酒が弱くて酔いやすく、ついつい勢いに任せて暴飲しやすいという方なら、飲酒自体を控えたほうが良いかもしれません。大事な身体を壊してしまっては、元も子もないのです。

メタボリックを改善しよう!


eおくすり
eおくすりなら医療関係者向けの製品情報サイトで!