メタボリックシンドローム予防・対策ガイド TOP ≫ 生活習慣病について 高血圧

高血圧

生活習慣病の代表的な症状の1つに高血圧があります。血圧をはかる測定をする際に気をつけたいのはメタボリックシンドロームの場合は血管に対する負担を考えて130/85oHg以上を異常値と呼ぶような基準があることです。通常の高血圧は軽症で140mmHg以上159mmHg未満、または90mmHg以上99mmHg未満。中等症で160mmHg以上179mmHg未満、または100mmHg以上109mmHg未満。重症で180mmHg以上、または110mmHg以上となっています。

生活習慣病というのは、自覚症状に乏しいものが多いという特徴があります。高血圧も例外ではなく、高血圧によって何らかの合併症が引き起こされてしまうまでは、高血圧の発症に気付かないというケースも多いです。高血圧はその名の通り、血圧の高い状態が継続してしまうことで、これによって血管に負担が生じてしまいます。放置してしまうと負担に耐え切れなくなった血管が壊れていき、様々な合併症が引き起こされ、脳の血管が壊れてしまうと脳梗塞などに陥ってしまうこともあります。定期健診などを受けていれば合併症が起こる前に発覚できる場合もありますので、できるだけ健康診断は面倒くさがらず受けるようにしましょう。

食塩などに含まれるナトリウムは血圧を上げる効果があるため、過剰摂取は控えましょう。アルコールに関しても同様です。また喫煙なども生活習慣病には悪影響を及ぼすものなので、極力控えたほうが良いと思われます。逆にカリウム・マグネシウムを摂取することで、高血圧が抑えられるとの見方もあるようです。

生活習慣病について


新幹線回数券 買取
http://www.akb-shinrai.jp/

筆耕 表彰状
筆耕の表彰状なら代書・代筆・筆耕の書道サービスで!

アマリール 副作用
アマリールの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!