メタボリックシンドローム予防・対策ガイド TOP ≫ 生活習慣病について 糖尿病

糖尿病

生活習慣病の代表的な病気の1つが糖尿病でしょう。糖尿病は自覚症状が最初はあまり出ないので、治療しないまま長期間経過してしまっているケースもたくさんあります。症状が進行していくごとに、激しくのどが渇いたり、一度に尿が大量に出たりするようになります。最終的には昏睡状態に陥ったり、意識障害が生じたりと、大変危険です。長期間放置していると目や腎臓を初めとし、数々の臓器を傷つけてしまう可能性があります。それによって様々な合併症が引き起こされることもあるため、糖尿病が発症した場合の治療は優先事項とされています。

カロリーの摂りすぎ・動物性脂肪の摂りすぎ・糖質の摂りすぎ・運動不足などなど、糖尿病の原因はメタボリックシンドロームとほとんど同じです。そのためか、メタボリックシンドロームにかかっている人は、かなりの高確率で糖尿病にもかかっています。糖尿病は高血糖(血糖値が高くなっている状態)によって引き起こされます。そのため血糖値を下げるためには、単純に糖質の摂取を制限するといった方法も行われています。甘味などの摂りすぎによっても血糖値は上昇していくため、糖尿病の心配がある場合は控えるようにしたほうが良いでしょう。

糖尿病になるのは困りものですが、極端に糖質の摂取を控えると、身体のエネルギー源が失われてしまう可能性もあります。出来るだけ主治医と相談してから、適切な食事療法と運動療法を実践するようにしましょう。

生活習慣病について


医院 開業
医院の開業なら信頼と実績の当社へ