メタボリックシンドローム予防・対策ガイド TOP ≫ 生活習慣病について 動脈硬化

動脈硬化

我々人間の身体は歳をとるにつれて機能が衰えていきますが、それによって生活習慣病を引き起こしやすくなっていきます。これは主に動脈硬化が関係しています。動脈硬化が徐々に進行してくと狭心症や心筋梗塞など心臓病、脳梗塞や脳出血になりやすくなるのです。この動脈硬化自体の原因が、脂質の異常症と生活習慣病、つまりメタボリックシンドロームではないかと考えられているのです。生活習慣病を引き起こしやすくなるのも動脈硬化であり、これらの要素が絡み合って悪循環してしまうため、それぞれの症状の発生率が何倍にも膨れ上がってしまうのです。

高血圧・糖尿病・高脂血症などの生活習慣病などによって、動脈硬化の進行は速められてしまいます。これらの生活習慣病だけでも動脈硬化は大きく進行するというのに、更に喫煙までしていた場合は、更に動脈硬化を促進させることになりかねません。また、過度にアルコールを摂取するのも動脈硬化を進めてしまいます。ですがアルコールに関しては、適量で摂取すると善玉コレステロールが上昇するという事実もあります。一日に一杯だけというように、飲み過ぎないよう注意できるのなら、アルコールの摂取はそれほど敬遠するものではないのです。

生活習慣病は動脈硬化の進行を速める恐ろしい症状ですが、裏を返せば生活習慣病を改善することによって、動脈硬化の危険性を低下させることが出来るとも言えます。逆もまた然りで、動脈硬化を改善することによって、生活習慣病を食い止めることも出来るのです。

生活習慣病について


レーシック
レーシックなら確実性と安全性を追求する吉野眼科で!